法被の種類と使われる用途

法被と聞くとやはり最初にイメージできるのはお祭となります。日本では神事の際に着用されることが多く、白い色が基本とされていました。理由としては神様となる神輿を担ぐ際に身を清めた身体にきる正装として法被が使用されていたためです。ですが最近では色などはカラフルな物も多く登場するようになりました。法被の形などは神輿の担ぎ手用や太鼓をたたく人用にと形などは多少違いはありますが、基本的には大きな違いはなく羽織の形に似ています。またサイズ等も、子供から男女問わず着れるものまで数多く登場しています。用途としては本来はお祭できる正装としてが基本でしたが、最近ではコンサートやスポーツの試合など応援する際に着用されたり、文化祭や企業の展示会などでスタッフ衣装として利用されることも多くあります。独特の形が人の目を引くという点で、様々な場面で使われることが増えています。

お祭で着る法被の利用方法

日本では神事のほかに自治体などの開催によって全国各地でお祭を開催することが多くあります。その際によく見かけるのが法被を着た人となります。本来の法被の役割としては神事での神様に対して失礼のない正装ということで利用されていましたが、最近ではお祭全体の雰囲気を盛り上げる効果が大きくなっています。また開催している自治体で統一した服装をすることで結束力といった意味合いも強くあります。お祭の際に着るデザインなどは、開催される土地柄や神事毎に因んだものが使われています。またお祭の場合は長い伝統と格式が求められる場合が置く、使われるのはプリントされたタイプのものではなく伝統的な染物を利用する所が多いです。また背中の文字などにも統一した意味合いを込めたものが多いです。また法被自体を大勢の人が一度に利用するというのはお祭ならではの利用方法といえます。

応援の際に着用する法被の利用方法

本来であれば大勢の人が結束力を高めるという意味合いや、神事毎ということで正装という意味合いから着ることが多いのが法被となります。正装として着用する意味合いも強いですが、お祭自体の雰囲気を盛り上げる効果などもあります。ですが最近ではお祭以外に使用されることがあり、その中の1つとして応援での利用があります。スポーツ観戦の時や歌手やアイドルのコンサートといった場所で、応援するときに着用する人が増えてきています。その際の利用方法としてはお祭のようにきっちりと帯でしめるということはせず、前がはだけた状態で着用することが多いです。また染色方法といった伝統的なタイプのものではなく、もっとカラフルにめだつ色の生地を選ぶ傾向が強いです。応援する意味合いと同時に、目立つ目的なども含まれています。また背中のロゴなどは応援するチームロゴやアイドルをかたどったイラストなどの利用方法となります。

企業様のお祭り用やイベント用にはっぴが大人気です。 全国の学校様のはっぴを多数製作しております。 体育祭や学園祭用にはっぴが大人気! 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 祭りはっぴが 税込み ¥1,290からございます。 お祭り用にはっぴや色々なイベント用にはっぴが大人気です。用途に合わせてはっぴの種類も色々あります。 法被を激安で製作できる【KAMEOKA】